メニュー

AGAについて

AGA(男性型脱毛症)とは

AGA(男性型脱毛症)は、遺伝的な要因とホルモンの影響によって引き起こされる最も一般的な脱毛症の一つです。この状態では、頭皮の特定の部位で髪の毛が徐々に細くなり、薄くなっていきます。AGAは年齢とともに進行しますが、様々な薬が開発・使用されています。

受診の流れ

  1. 当院HPから初診受付(対面またはオンライン)
  2. 問診表に「AGA薬処方希望」と記入。これまでどのようなAGA薬を処方されているかも合わせて記入してください。郵送先を変更したい場合はそのご住所を合わせてご記入ください。
  3. 診察(この時点で処方ができないと判断した場合は無料です)
  4. お会計
  5. お薬処方(オンライン診療の方は定形外郵便で郵送も可能です。送料無料)

当院での費用

(診察料・消費税等全て込み、来院・オンライン受診同額)

品名・用量 価格 半減期 メリット デメリット
デュタステリド カプセル0.5mg
(ザガーロジェネリック)
30カプセル
8000円 3~5週間 フィナステリドより1.6倍の発毛効果 ・半減期が長く、服薬中断後も効果が残る
・男性機能不全(ED、射精障害、精液量の減少、性欲低下)をきたすことがある
フィナステリド錠1mg
(プロペシアジェネリック)
28錠
5000円 6~8時間 半減期が短く、服薬中断で速やかに副作用が減弱する ・デュタステリドよりやや発毛効果が落ちる
・男性機能不全(ED、射精障害、精液量の減少、性欲低下)をきたすことがある

個人輸入の危険性について

個人輸入(インターネット経由)で安価な海外製AGA薬を入手できますが、以下の理由で当院としては決してお勧めしません。

1.正規のメーカーが認可していない(偽造薬)

当院で扱っているジェネリック薬(後発薬)は厚生労働省に認可されています。

2.期待した効果が得られない

効かない可能性があるばかりか、効きすぎて健康被害(死亡や一生続く障害)を起こす可能性があります。

3.健康被害が補償されない

海外の薬であり厚生労働省の認可を受けていないため安全性が保証されていません。服用することで、思わぬ健康被害を受ける可能性があり、副作用が生じた際に「医薬品副作用救済制度」を利用できないリスクがあります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME